~ハワイに古代から伝わるロミロミ~

 

ロミロミは古代からの叡智が重なった総合的な療法でした。

ロミロミマッサージ、温熱療法、食事療法、薬草療法、ホ・オポノポノなどがあります。

その施術は親から子へと伝承されていました。


~祈り~

 

ロミロミは施術の前と後に祈ることから始めます。

ロミロミの目的は身体、心、スピリットを正常な状態に戻すこと。

セラピストが自然の力(マナ)と一体になってエネルギーを通すパイプ役になって行われます。

祈り、息、エネルギーを使うことでヒーリングを行っていました。

 

~ホ・オポノポノ~

 

日本で知られているホ・オポノポノはヒューレン博士によって伝承された、

自分の意識に「どの記憶が問題を引き起こしていますか?」と問いかけて、

「ごめんなさい。許してください。愛しています。ありがとうございます。」の言葉を繰り返すクリーニングだと思います。

 

ホ・オポノポノは人や自然などの問題の関係を修復する為に用いられ、調和と復活をための伝統的なものです。

ハワイアンはトラブルが大きくなる前に問題解決するためにホ・オポノポノのセッションを用いりました。また病気の原因や治療するためにも用いていました。

 

また、家族内で起きた問題、議論、告白、関係などを正しくリセットする家族会議としてホ・オポノポノが用いられ、家族一人一人とコミュニケーションをとって問題解決をしていました。

 

~古代ハワイアンのさまざまさ治療法~

 

古代ハワイアンの治療法には変わった治療法もありました。

◎海水を飲む

◎海水に浸かる

◎冷水に浸かる

昔から「水」にはさまざまな力があると信じられていたんですね。

 

 

~ハワイの文化~

 

◆ラウハラ◆

 

ハワイのお土産で人気のラウハラ。バッグやマット、ブレスレットなど色々なものがあります。

ラフハラとはハワイ語でラウ(葉)ハラ(ハワイ固有の植物)を表します。

ハラの葉は強く耐久性があるので色々な工芸品に使われていました。

その昔は王室でもラウハラで作られたマットで寝ていたそうです。

手作りされるラウハラは味があって素敵ですね!


ハワイ 伝統工芸 ラウハラ編み

 

~ハワイアンキルト~

 

1820年にイギリス人宣教師によって伝えられたパッチワークキルトが独自に発展したと言われています。

ハワイアンキルトはシンメトリーのデザインが特徴で、プルメリア、ハイビスカス、モンステラなどハワイの植物がモチーフに使われます。

一つ一つ手縫いをしていくので、大きなベッドカバーなどは何年もかけて仕上げていくものもあります。

 

ハワイアンキルト

 

~ハワイ語~

 

ハワイ語は

母音⇒a,e,i,o,u

子音⇒h.k.l.m.n.p.w

オキナ発音と呼ばれる声門閉鎖音から構成されます。

基本的にローマ字読みでそのまま読むことが多いです。

 

Aloha ⇒愛、誇り、叡智、こんにちは、ありがとう、さようなら

Kahuna⇒各専門家の達人、秘術の後継者 

Akua⇒神    Ha⇒息、呼吸     Honua⇒大地

Lani⇒天国    Mahalo⇒ありがとう  Mana⇒神聖な力、

Pohaku⇒石   Wai⇒水        Pule⇒祈り

Ohana⇒家族

 

~ハワイのことわざ~


ハワイのことわざをご紹介します!